71eg7h18jNL


終末期に、回復する見込みのほとんどない人に、胃ろうや点滴を行って、できる限りの治療を行っている日本。

自然に任せ、治療を行わない欧米。

どちらがいいのか、正解はないと思いますが、私だったら自然に任せたいと思います。

苦しい思いをしてまで、意識もない状態で生き長らえる必要はないと思うのが普通なのではないでしょうか???

そんなことを許してくれないのが、今の日本の医療体制。

そんなことをしてまでの、世界平均寿命ランキング1位だったら、意味が無い!


終末期を迎えたら、食べられなくなるのは自然なことだそう。それを無理やり体に穴を開けてまで、栄養を送ることはある意味拷問???

日本の医療体制にも問題がありますね。

日本は医療機関が民営

欧米は公営

欧米は、医療費を抑えたい政府と、公営の病院が機能して無駄な医療は行わない。

かたや日本は、経営のために過剰な医療を行う。

命がかかってますから、病院の先生に治療を断ることは、まずできなでしょうね。

だれもが避けて通れない道

みんなが考えて、行動に移す必要のある課題です。