IMG_1152


ユニットバス工事に先行して、壁断熱材入れ

気密工事を行いました。


高気密は、高断熱住宅には必要な工事です。

いくら断熱性能を高めても、冷暖房した空気が無計画に外部に流れだしては、元も子もありません。

隙間風で、いい頃合いに換気ができるのでは?と思いがちですが、残念ながらできません。

きちんと計画して、空気の入れ替えをコントロールすることが、エネルギーの削減につながります。

コストの問題はありますが、

高断熱+高気密+熱交換換気

をセットで考えることが大切です。