こんにちは。いい暮らしプロデューサー 所です。

今日は五月晴れ、水戸も28度の予報です。暑くなりそうですね。

電力自由化による電力会社・プラン選びの件、継続検討中です。


エネがえるの提案は?

先日の記事

電力自由化 契約変更検討中。

でエネがえるの判定は中国電力のシンプルコースでした。



燃料調整費という落とし穴。

単純な単価比較では、確かに中国電力が安くなります。

しかし、落とし穴が・・・

それは燃料調整費


SnapCrab_NoName_2016-5-23_9-30-30_No-00

今、原油・LNGの燃料費が安くなっているので、40アンペア契約、使用量300KWHですと、逆に中国電力の方が高くなってしまいます!


あぶない、あぶない。



その訳は?

SnapCrab_NoName_2016-5-21_10-45-16_No-00

SnapCrab_NoName_2016-5-21_10-45-39_No-00


その訳は発電手段の差にあります。

中国電力は半分以上が石炭火力

東京電力はLNG火力がメイン。


燃料調整費に大きな差があります。

単純な単価比較ではできないところが、難しいですね・・・



価格比較サイトに反映して欲しい。そして未来へ。

価格比較サイトにも、この燃料調整費を反映して欲しいですね。


過去記事


電気料金が安くなる!? 電気料金 比較サイト まとめ。


会社を変更しても、月500円以下というのが現状の電力自由化のメリット

複雑怪奇な比較をして、手間をかけて会社を替えるという方、少ないでしょうね・・・


東京電力の加入者が激減して、東京電力の会社経営が不振となってしまっては、今後の電力安定供給、そして福島第一原発の廃炉計画に影響を及ぼしてはいけないと思いますし・・・


競争と安定のバランスですね。


それでは、みなさま、今日もいい一日をおすごしください。