DSC01210

数年かけてためたペットボトルのキャップ。
結構な量です。

でも、捨てました・・・


なぜかというと
グーグル先生に聞いてみたら

・「世界の子どもにワクチンを」と呼びかけて、ペットボトルのキャップのリサイクルを進めているNPO法人「エコキャップ推進協会」が、2013年9月以降、キャップのリサイクルで得た売却益をワクチン代として寄付していないことがわかった。

・キャップを燃やさないことでCO2を削減しても、回収したキャップの輸送でCO2が排出されるため、意味がない。

・輸送費の方がキャップで得られる寄付より多くなる

・ペットボトルキャップの原材料にはポリエチレンポリプロピレンと複数あり、単一ではない。

そのため、選別をせずに材料としてケミカルリサイクルすることはできず、その場合は純粋なポリエチレン製品・ポリプロピレン製品にリサイクルすることは不可能で、安定した品質の再生品を作り出すことが難しく用途が限られ市場価格は低い。

ということがわかりました。

残念です・・・

ユニセフのように、寄付しても膨大な運営費にせっかくの寄付が十分に生かされないこともあります。
(広告宣伝費・役員報酬・贅沢な事務所などなど)

ことばに踊らされずに真実で物事を判断したいです。


「エコキャップ詐欺?」ふた回収のNPO、ワクチン代寄付しておらず批判の声

エコキャップ運動  ~ウィキペディア~

エコキャップ「運動」をやめた我がクラス

エコキャップ運動が抱える様々な課題、リサイクル過程の誤解から広がった変わった運動


2017.11.11 リンク設定更新しました。