水戸市、今日もいい天気でした。
 

調湿素材はどれくらい湿度調整できるか?

住宅の素材で、調湿ができるとうたわれている製品があります。

実際にどれくらい湿度を調整できるのか?

実験してみました。

 

まずは最大どれくらい水を蓄えられるのか???

実験で使用したのは、豊ヘルスという材料です。


IMG_2761


 調湿建材中最大級の吸放湿機能量
    -稚内珪藻頁岩80%配合-
 湿度を60%前後に自然調整・エネルギーゼロ・不燃材

という製品

 

水を浸透させる。

IMG_2762

IMG_2763


浸透前は265g


IMG_2764

水を張ったバケツに投入!

泡を出しながら水を吸い込んでいきます。


IMG_20171216_141752

IMG_20171216_141726

吸い込んだあとは365g

1枚で100gの水を蓄えることができます。


 

8畳の部屋の壁一面では?

38,200gとなります。

500mlのペットボトルで76.4本分!

けっこうな量です。

 

まとめ

吸水率100%は実際には起こりえません。

60%で平衡を保つというメーカーの説明です。


次回は部屋の中と外の場合を比較して、湿度をどれくらい調整できるか?検証してみます。


以上、調湿建材の実験の話でした。