今日の水戸市、昨日に比べればちょっと暖かかったでしょうか?

日差しがありましたので、ひなたは暖かい 


IMG_2779

 

平屋の本を読みました。個性的な一人の方が別荘的に建てた家から夫婦ふたりの家、子供が2人のご夫婦の4人家族の家まで。

建築家が熟慮した家が6軒掲載されていました。

 

注文住宅ならでは。家族に合わせたプランニングがされています。

人は千差万別。世界にひとつだけの住まいを創ることができるのが、注文住宅のいいところですね。

 

あらためて平屋はいいですね。

平屋のメリット・デメリットをまとめてみます。


 

平屋のメリット

階段がないので昇り降りがなく、楽である。住宅内の移動が早い。

都心などで3階たてなどと聞くと大変だろうな。と思わずにはいられません。

 

お掃除・メンテナンスが楽

2階建てですと、2階の外壁や窓ガラスのお掃除は手が届かない場合もあります・平屋でしたら高めの脚立があればお掃除メンテナンスが楽です。

屋根に上る場合も高さがおさえられますので危険性が低くなります。

 

地震に強い。

1階のうえにあるのは屋根のみとなりますので構造的に有利になります

構造材や基礎も面積あたりのコストがおさえることができます。

 

 

平屋のデメリット

・同じ坪数の場合、コストが23割アップする。

屋根と基礎が2倍となりますので「同じ」坪数の場合はアップします。


しかしながら、階段室がない分1.5坪~2坪面積は少なくなります。

2階の廊下分を考えれば同じ面積の部屋を配置では、差額は縮小します。トイレも1箇所となりますので、1畳分面積削減です。

 

・全てが1階に面しているため防犯上不利である

シャッターや面格子、防犯カメラを設置するなどで防ぐことはできます。

 

・狭小地の場合、2階リビングとして日当たりの確保がしずらい。

南側に建物が迫っている場合、2階にリビングを設置すれば日照が確保できます。でも一般的な1階リビングでしたら、2階は寝室でしょうからあまり日当たりは重要視しなくてもよいでしょう。

 

まとめると

平屋でも工夫すれば、2階建てと同等のコストで建築が可能。暮らしは平屋のほうが楽である。

 

以上、平屋の「ススメ」の話でした。