IMG_2803

今日はいよいよ大晦日ですね。

私は自宅でゆっくりと過ごしております。
帰省ラッシュの方、お疲れ様です。
無事に到着できますように 

今日明日と、逃げるは恥だが役に立つの再放送をやっていますね。
最終回ごろに数回見ただけなので、録画して最初から見てみたいと思います。


話題となったドラマですが、実は現代の結婚事情・問題を反映した社会的なドラマでもあるのですね。

水戸周辺の話題のブログの水戸梅日記さんの記事



「逃げ恥」にみる結婚の経済学

という本を知り、読んでみました。

・終身雇用・年功序列の崩壊による、専業主婦のほぼ滅亡

・核家族化によるお母さんの孤立

・女性の社会進出による家事の夫婦間の分担問題

などによる結婚事象の変遷

成果主義で、殆どの男性は40歳代半ばから年収が減っていくということは知りませんでした。
子供の教育で一番お金がかかる時期にお金が少なくなくなっていく・・・

女性は働かざるをえない社会構造・・・

女性が専業主婦となると、生涯の世帯収入が2億円も減るそうです・・・

女性が働いて時間がなくなり負担が増えて、男性に家事負担をもとめる。
かといって男性の仕事は減ってはいないので、男性の負担も増える。

男性も女性も昭和の時代より、負担が増えているのですね・・・

生産性革命などどいっていますが、実情との乖離があります。

時代は戻れないのかもしれませんが、何らかの改善が必要です。
このままでは少子化はますます進んでしまうでしょう・・・

昭和の時代のように男性が普通に働けば、女性が専業主婦で子供を育てることのできる社会のほうがずっといいと思うのですが・・・